新玄関口と新しい木道

2022年2月14日(月)より「守谷野鳥のみち」の新しい玄関口の供用を開始します。

茨城県県南水道事務所の緊急水道本管埋設工事が令和4年4月より始まりますので、昨年来より新ルートを開発してきましたが、ようやく完成致しました。

これにより、従来の斜路入口は閉鎖して、階段入口(カワセミ看板横)が開放となります(現場説明板を立てます)。

また、この週から茨城県との約束により、斜路下~パイプ小屋前の既設木道約32mの撤去作業を行いります。
なお、画像4のパイプ倉庫前は県営工事の際に重機通過路となるために、利用者は鉄板敷横断となりますが、その際は適時県でガードマンを立てて頂く約束となっています。

県南水道事務所の話では、斜路補強・地盤改良・仮水路暗渠設置などの基礎工事のあとに本工事なので恐らく平成5年度末まで工事は掛かるだろうとの見通しです。

 

前の記事

城址の整備